レッテルを張る

ことしも押し迫ってきましたね。

今年の干支は戌・・イヌ、そして来年の干支は亥・・イノシシ。

 

ではイノシシでない動物を思い浮かべてもらえますか?

最初に思い浮かんだのはどんな動物でしたか?

 

今度はイノシシのことを考えないでください。

いかがでしょうか?

頭の中はどうなっていますか?

 

「イノシシでない」と言われてもまず初めに思い浮かんだのはイノシシだったのではないでしょうか?

さらに「イノシシ」を考えないようにしようとしても、そうしようとすればするほど「イノシシ」が頭から離れなくなったのではないでしょうか?

この様に人は初めに聴いた物をまずイメージしてしまいます。

さらにイメージした物を考えないようにしたいと思っても、なかなか変えられなくなってしまいます。

こういった脳の特徴は生活のいろいろな場面に表れています。

例えば自分を否定されたり、嫌な体験をした時・・・

本当は忘れたいと思っているのに、そのシーンや声を無意識に思い出し、繰り返しその感覚を味わってしまったり。さらには自分に自分のマイナスイメージを作り上げて「自分はダメな人間だ」と決めてしまう

 

子育ての相談でもこのパターンの影響で悩みが大きくなっているケースがよくあります。

―――子どもを連れて公園や子育て施設に行った方がよいと思っていても、自分は話下手で気の利いたことも言えず人付き合いが苦手。行くのは億劫・・・。子どもにも自分にも友達が必要なのでそこで友達を作った方が良いとわかっていても、上手く話せないので考えただけで疲れてしまう・・・。こんな悩みを持った方がいました。

 

さてこの方は本当に話が下手なのでしょうか?人づきあいが上手くいかないのでしょうか?

良く聴いていくと、友達もいないわけではなく、家族や親しい人とは饒舌に話すそうです。

上手く話せる、会話を楽しめる時もあるそうです。ということは上手に話すことが全くできないわけではないということです。

さらに聴いていくと過去に上手く話せなかった経験があり、それを指摘された経験が積み重なって自分で自分に「話が下手な人、人づきあいが下手な人」というレッテルを張り、思い込んでいたことがわかりました。

不思議なことに人はそう決めるとそれを証明しようとし始めます。過去にも現在にも上手く話せなかった出来事を探し、話せなかった場面を味わい「やっぱりそうだ」と確認します。上手く話せた経験を否定するか認めないようにしてしまいます。

言い方を変えると「話下手な自分」にいつもフォーカスしているということです。

例えば車を買い換えることになると、急に街を走っている車に目が行きませんか?フォーカスした出来事の情報を集めようとするのです。それと同じことが「話下手」というテーマで起きているわけです。

もし自分に「話下手」というレッテルを貼りフォーカスすることで生きずらさを感じるなら、それを変える必要があります。しかし冒頭に書いたように「話下手」を考えないようにすればするほど考えてしまいます。ではどうしたらよいか・・・。

 

フォーカスするものを変えればよいのです。自分を健やかに幸せにしてくれるものを探せばよいのです。小学校などでよくやっている「いいとこさがし」に似ています。

すると意識は新しいもの、いいところを探す方にシフトしていきます。そしていつの間にか意識は変わっていくのです。

 

新しい年に向けて皆さんがご自分のいいところにフォーカスしてそれを強固なものにしていかれることを祈っています。

 

 

 

2019年2月19日開催子育てコミュニケーション講座第3回〈子どもの気持ちを引き出すメソッド〉

子育てコミュニケーション講座第3回
「子どもの気持ちを引き出すメソッド」

概要

日時  平成31年2月19日(火)10時~11時45分

場所  キリガヤ本社 逗子市山の根1-2-35

講師  子育てコミュニケーションコーチ 桑原泰恵

対象  子育て中の方、子育てに関心のある方どなたでも

内容  ちょっとした質問のポイントが分かれば、子どもの考えを深めたり、心の底にある思いを理解することができます。NLPのメソッドを基にしたワークや会話を通じて、様々な質問方法を体得していきます。

⋆NLPとは 1970年代にアメリカで開発された、心理学、言語学、神経学を日常生活に生かせるように開発されたスキル。

申込み こちらのフォームからお申し込みください

受講料 1000円

定員  20人/託児なし (お子さん同伴希望の方はご相談ください)

問合せ loco.yasue.kuwahara@gmail.com

主催  子育てコミュニケーションコーチ 桑原泰恵

五感の使い方と個性

 五感とは視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のこと。NLPでは嗅覚・味覚・触覚の3つを体感覚としてまとめ、視覚・聴覚・体感覚の3つに分類しています。
 人間の脳をコンピューターに例えてみると、人は「五感を使って情報をインプットし、脳の中のプログラムが作動して情報を整理し、五感を通してアウトプットされる」と説明することができます。五感の使い方には個性があり、それを知ることでコミュニケーションがうまくいったり、記憶力が上がったりします。
 今回はその五感の使い方の個性についてのお話です。

 私には3人の娘がいますが、五感の使い方が全く違います。まずはそれを見事に表したエピソードをご紹介します。

 まだ娘たちが小学生だった頃、私が買い物から帰ると、夫と娘たちがリビングで「大喜利」遊びをしていました。お題をもらいそこから連想したことを発言するという遊びです。
 夫の前に3人が並んで座っています。
「次のお題は・・・夏休み!」と夫が告げると、三女が真っ先に「はい!はい!」と手を挙げます。夫が指す間もなく「麦わら帽子」「スイカ」「海」とどんどん出てきます。その合間を縫って次女が手を挙げ「絵日記を書くためにお母さんと電車に乗って・・・」とお話を語り始めました。長女に目をやるとそんな妹たちを見て笑い転げています。夫が長女を指すと大笑いしながら手を振って「わかんなーい」と言いながらまだ笑っています。

 真っ先に手を挙げた三女は五感のうち視覚を優位に使っています。頭の中にすぐに映像が浮かぶタイプです。映像は次々に変化します。それを言葉にしようとするのでつい早口になってしまいます。また話が飛ぶ傾向にもあります。映像に映っていることを話すので本人としてはつじつまが合っていますが、その映像を見ていない人にとっては突然話が変わったと感じてしまうのです。
 次女は聴覚を優位にしています。聴覚タイプの人は考えることが得意なので、お題から得た情報からストーリーを考えたのです。理論的思考の人は聴覚タイプと言えます。音に敏感だったり、言い回しにこだわりがあったりします。学校の授業で板書よりも説明が多く一本調子で話し続ける先生は聴覚タイプと言えます。
 笑い転げて答えられなかった長女は典型的な体感覚優位なタイプです。入ってきた情報の内容よりも感覚的なことに注意が行きます。
 今回で説明すれば「夏休み」というお題をもらったが、予期していなかったことにびっくりしてしまった。妹たちがどんどん答えるのでさらにあわててしまった。笑っているうちにさらにおかしくなって何も考えられなくなった。ということが起きています。
 体感覚の人は会議などで当てられた時に答えられないことが多いタイプですが、決して何も考えていないわけではありません。体の感覚が落ち着けばきちんと話すことができます。
 また幼い子は体感覚が優位です。体の快不快に敏感です。おむつが濡れていると赤ちゃんが泣くなど、思い当たることも多いと思います。
 親に叱られている時は、怒っている親から感じた感覚にとらわれていて話はほとんど耳に入ってきません。ぼーっとしている我が子に「話を聞いていないっ!」と怒鳴ってしまった経験があるかもしれませんが、まさに子どもは話を聞いていないのです。

 この様に誰にでも備わっている感覚ですが、使い方によって個性が出てきます。客観的にその個性を捕らえられれば接し方も改善できますし、まんべんなく五感を使えるようにもなります。
 外見だけではわからない個性。その子らしさを理解して伸ばしていってあげたいですね。

聴くこと

 あなたは話すのが好きですか?それとも聞く方が好きですか?
 好き嫌いとは関係なく、いつの間にか聞く側になっていたり、反対に話題を提供する側になっていることがあるかもしれません。
 会話は話のやり取りです。楽しい話題を聞いたり話したり。その場にいる誰もが楽しめたらよいですね。
 しかし時に自分の話したいことを話せなかったり、聴いてもらえなくて不満を持つこともあるのではないでしょうか。

 現代はメールやSNSで自分の意見を発信できるようになり、たくさんの人が楽しく利用していますが、その理由の一つに〈話を聴いてもらえる〉ということがあります。
 自分の考えや意見、感想を、誰にも邪魔されずに自分の思いのままに伝えられるからです。話をしている途中で反対意見を言われることもなく、話を取られることもありません。じっくり話を聴いてもらうことと同じです。
 この様に人は自分の話を聴いてもらいたいと思っているのです。そして自分の話を聴いてくれる人が大好きです。話を聴いてもらうだけで、心が軽くなりスッキリするものです。高齢者のヘルパーさんは介護の仕事よりもお年寄りの話を聴くのが主な仕事だという方も少なくありません。夫婦間でも妻の夫への一番の要望は、アドバイスよりも〈10分でもいいから話を聴いてもらうこと〉だというアンケート結果も出ています。

 また聴くということは相手を尊重していることにもなります。聴かれている方は自分を大切にされていると感じ、自尊感情が育ちます。
 しかし聞くという漢字に「聴く」があるように、相手が心地良くなる聴き方とそうでない聞き方があります。漢字の本当の意味は分かりませんが、「聴く」は10の目と耳と心で聞くことだと言われます。ただ聞くことと、相手を尊重する聴き方・・・それはどこが違うのでしょうか?

 自分の心のギアをニュートラルに入れて、真っ白なキャンバスになっていることがまず大切です。すると自分の感情や考えが入らず相手の話がそのまま入ってきます。そしてその人に起きた事実と、感情、考え、行動を整理して聴き取ります。
 そして相手が話やすいように相槌を打ち、動きやペースを合わせる…。
 そうすると相手は話が弾み満足し、こちらも相手を理解でき、心を通わせることができます。

 そんな知識を得て、子どもの話をよく聴くことを心がけて育ててきたおかげか、娘たちは何か困ったことがあると私に話をしてきます。早くママに話を聴いてもらいたくて学校から急いで家に帰ってくるという事もありました。話を聴いて共感してあげることは子ども達の心のプレゼントになるのだなと実感しました。
 そして私は3人の娘たちにこう言っています。
「今はママがみんなの話をよーく聴いてあげる。でもみんなはいつか家を出ていく。そしていつまでもママはいない。だから将来は姉妹がお互いの話をよく聴いてあげる存在になるんだよ」

 聴くことは、人を喜ばす最も身近で簡単にできること。子ども達の為にも話を聴き合える輪を広げたいなと思います。

子育てコミュニケーション講座<第2回>子どもの気持ちがわかるママに 2018/12/6

子育てコミュニケーション講座<第2回>子どもの気持ちがわかるママに

開催概要

日時:平成30年12月6日(木) 10時10分〜11時45分

場所:スタジオバーリー(逗子市桜山2-2-58 一柳ビル2F)

対象:子育て中の方、子育てに関心のある方どなたでも

内容:NLPのメソッドを基にしたワークや会話を通じて、
   自分の心を整理し子どもを理解する方法を体得し
   ていきます。
   ※NLPとは、1970年代にアメリカで開発された、
    心理学、言語学、神経学を日常生活に活かせる
    ように開発されたスキル

申込:こちらの申込フォームからお申し込みください。

受講料:1,000円

定員:20名

託児:なし(お子様同伴をご希望の方はご相談ください)

子育てコミュニケーションコーチングとは

子どもとの関係をよくしたい!怒らないようになりたい!いつも笑顔のお母さんでありたい!自分を変えたい!そんな思いを持っていませんか?

子育ては子どもを育てるだけではなく、ママ自身が自分を完成していく体験です。
子育てコミュニケーションコーチングでは話をしながら自分の心や頭を整理してニュートラルな状態にしていきます。自分の思い込みや大切にしていることに気づいていき、改善点や長所を見つけます。子供に何を求めているのか、何を心配しているのか、自分はどうありたいのか…それらのことにも目を向けていきます。
とかく時間や育児に追われ自分を見失いがちですが、ママが自分をニュートラルな状態に保てれば子どもの良さにも自分の素晴らしさにも気づけます。世の中に振り回されず自分らしい子育てができます。
子育てコミュニケーションコーチングが目指しているのはコミュニケーションスキルを身に着けることだけではありません。ゴールは子どももママも幸せを感じて生きられる事。自分に「いいね!」を出して笑顔が輝く!そんなお手伝いをさせていただきます。

自分らしく幸せに生きている人は自尊感情が高く思いやりにあふれています。クリエイティブでいつもワクワクしています。子どもたちの未来にそんな人が沢山いたらどうでしょう。豊かな人間関係が育め、世界は笑顔であふれるはず。子育ては世界を理想郷に変える最も身近な方法でもあるのです。

子育てコミュニケーション講座【第1回】聴き上手になる 2018/10/30

子育てコミュニケーション講座 第1回

子育てコミュニケーション講座<第1回>聴き上手になる

開催概要

日時:平成30年10月30日(火) 10時〜11時30分

場所:キリガヤ本社モデルハウス(神奈川県逗子市山の根1-2-35)

対象:子育て中の方、子育てに関心のある方どなたでも

内容:

コミュニケーションの第一歩は聴くこと。座ったまま話を聞くだけではなくNLPのメソッドを基にしたワークを通じて、子どもがもっと話したくなる聴き方を体得していきます。
※NLPとは、1970年代にアメリカで開発された、心理学、言語学、神経学を日常生活に 活かせるように開発されたスキル

申込:こちらの申込フォームからお申し込みください。

受講料:1,000円

定員:20名

託児:なし(お子様同伴をご希望の方はご相談ください)

<ご挨拶>はじめまして。子育てコミュニケーションコーチの桑原泰恵です。

introduction

ごあいさつ

はじめまして。子育てコミュニケーションコーチの桑原泰恵です。

子育て支援に関わって20年以上、幸せな家庭を増やすことは私のライフワークです。
その活動の原点は長女が生まれた時の感謝の気持ちでした。
初めての育児は大変でしたが、喜びに満ちたものでもありました。
テレビなど見ていると貧困や戦争など、世界には子育てもままならない地域があります。私がこうして幸せに暮らせるのは先人達のおかげだと気がつき、恩返ししたいと思いました。

考えた末、自分も子供達にとって同じような先人になること、子供達の幸せの為に、平和で笑顔溢れる世界を築くことに貢献することだと思いました。
また、私に幸福感を与えてくれた我が子にもお礼をしたい、幸せにしてやりたいと思いました。
その為に先ずは健康と考え、元気に育つように自然食など取り入れました。
しかし我が子だけうまく育ったとしても、そばにいる人や友達の心身も健やかでなければ子どもは幸せにはなれません。
自分の子だけを見ていても手に入らないのだ、とも気づいたのです。

そこで、人々を幸せにできる貢献方法を求めて自然保護や平和運動など様々な活動に参加しました。そして行き着いたのが人づくりでした。
幸福感があり他者を思いやる人が増えれば、自ずと自然も守られ戦争も無くなり社会は豊かになると考えました。

人づくりにはいろいろな方法がありますが、家庭は命の源、幸せな家庭で良い子育てができれば、そういった人が増えるはずだと思いました。
こうして子育てを支援することは私の使命となったのです。

子育てコミュニケーションコーチとして

子育てコミュニケーションコーチとして、講座や個人セッション等を通じて「 親も子どもも幸せになる子育て」のアドバイスをできればと思っています。

また、ここで始めるブログでは、子育て中の人には子供とのコミュニケーションの参考になり、肩の力が抜けるような話を、子育てが終わった人にはその時代を懐かしく思い出せるような話を書いていきたいと思っています。

さらにマスタープラクティショナーを取得した「実践的心理学NLP」の考え方に基づいた、子育てや人間関係のヒントもお伝えいしていきます。